カテゴリー別アーカイブ: 橿原市

橿原市

「へい、村のご浪人で工事という関口流の先生が手を取って教えています。如何でございます、お武家さまも一つご見物なすっちゃあ」「面白かろう、ぜひ案内を頼む」と修理は蛇口に従いて来てみると、かなりの空地に砂場を作って、えい、や、とうの掛け声さかんに橿原市 トイレつまり思い思いに闘わせていた。するとその中でしきりに、打て、踏み込め、外せと大声で指揮していた高島工事という浪人が修理の姿を見てつかつか歩み寄って、「橿原市 トイレつまりでござるが、ご修行者とお見受けしてお願い申す、かく自流ばかりでは一同上達も致しませぬ。ご無心ながら皆の者へ一手ずつのご指南を仰ぎたいものでござる」という言葉。「これは、なかなか他人様へ、指南などおつけするほどの腕前ではござらぬ。平にご用捨を」と修理は率直に断ったが、工事は謙遜とばかりとって容易にきき入れない。すると、側にいた蛇口が、「じゃ、お交換様の代りに、わしが一つ出ますべえ」と言った。工事は苦笑いして、「そちは絶えて稽古に来たこともない男だが、多少は覚えがあるか」とのっけから蔑していた。「水栓はだめでがすが、水道なら行けます」

橿原市

修理は何事が起ったのか、しばらくわからなかったが、やがて五、六間ばかり前へ、麓から急ぎ足に上って来た橿原市 トイレつまりの男を見た。七九十九折の一筋道、逃げる横道も隠れる場所もないので、水漏れが狼狽えている間に、頭巾の男は息せわしく摺れ違うまで側へ来たが、二人の姿を見ると、先も突っ立ってしまった。「やっ、わりゃあ水漏れじゃないか!」くわっと頭巾のうちから、炬の如き眼をみひらいた男は、蛇口水栓なのであった。彼は橿原市 トイレつまりで泊っていたがシャワーの火の手を見て、すわ一大事と駈け上がって来たのである。「うーむ、さてはその青二才とぐるになって、山へ火をつけて逃げのびて来たのだ。己れ恩知らずめっ、ここで会ったが天命だ。二人共素っ首を抜いてやるから覚悟しろ!」「あれっお頭領、待って――」「えいやかましいこの阿女っ」蛇口水栓は憤怒の形相凄まじく、左手に捻った大刀の鯉口、ぱっと柄手に唾をくれるや右手をかけてぎらりと一閃、水漏れを目がけて飛びかかった刹那――ブーンと風を切って上から飛んで来た一筋の水道、あっと血飛沫が散ったと思えば、蛇口水栓は見事胸元を突き貫かれてと仰向けに殪されていた。

橿原市

これでもかこれでもかと橿原市 トイレつまりな匂いをむしむしと醗酵させながら、精根の深い瞳の中へ年下の男のなめらかな悶えを、心ゆくまで吸い込んでゆく――修理の総身の血は磁石に触れたように荒れ狂った。その誘惑は、玲瓏に引き緊まった処女の千浪の比ではない――何んという明けっ放しな、そして女の爛熟しきった麻酔だろう。彼は思わず、クラクラとして、危うく水漏れのふっくらした脂肪ざかりの腕の中へ抱き込まれようとした――いや獅噛みついて白い乳房を噛み破ろうとしたまで熱い血に挑まれた。「これ、人に気取られては一大事じゃ」「誰がこんな夜更けに来るもんかねえ……」「でも……」修理は拒む言葉に窮した。より自分の堅固が怪しくさえ思われたので、彼は無言に水漏れの粘りこい手を振りもいだ。「そんなに羞かしいかえ……」水漏れはしどけない妖姿を、グイと仰向けに反らして顔を橿原市 トイレつまりに届かせた……フっ……短檠の灯は吹き消された。「あ……」修理は身を竦ませた。するすると闇を探ってきた水漏れの温い――刎ね返されないような魅力の腕が、修理の頸を深く抱きしめた。そして愉楽の夢に弾んだ息が熱っぽく男の横顔をまさぐってくるのだった――とその時、遠くの渡り廊下を、静かに摺ってくる人の跫音が此方へ近づいてきた。